アリンたんの水玉パンツ

アクセスカウンタ

zoom RSS トゥインゴに試乗

<<   作成日時 : 2016/10/02 19:42   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

前回ディーラーに行ったときは日曜ということもあり試乗の順番待ちが10人以上と言われて、展示車を見るだけだった新型トゥインゴ、今回は試乗待ちが誰もいなくて、良い機会だから運転させてもらった。

試乗車はトゥインゴ インテンス キャンバストップ。試乗車の走行距離は私が乗り込んだ時点ですでに1,047kmになっていた。試乗車が来たのは9月14日ってことだから、試乗だけで半月で1,000km走ったのかよと驚く。だって導入からもっと時間が経っている他の試乗車でもせいぜい数100kmだよ。

運転席に乗り込む。助手席はディーラーのセールスの人。

小径だが太めのステアリングホイールは握りやすい形状だ。EDCのマニュアルモードは押してシフトアップ引いてシフトダウンとルーテシアと逆だから気をつけないとね。シートは座り心地が良いのはもちろん、ホールド性も良く、これだったら長距離でも疲れないだろう。

では試乗開始。今までほとんどFF車しか乗ったことがないので、RRのトゥインゴの挙動はものすごく新鮮というか異次元である。フロントが軽くてよく曲がる、それでいて直進安定性も文句なし。試乗コースの途中に鋭角ターンがあって、ここはルーテシアではかなり慎重にしないと第二車線にはみ出すのだが、トゥインゴは特に気をつけなくてもはみ出さずくるりと回ってしまう。

最初どうもエンジンがかったるいと思ったらECOモードだった。それを解除すると十分以上にパワフルになる。排気量900ccなんて言われても信じられないだろう。タコメータ代わりのスマホではエンジンは5000rpmまで回っていた。
EDCの制御はルーテシアにはやや劣って、特に発進時のクラッチミートでショックが気になる。走り出してしまえばスムーズだね。あとはアイドルストップか、ブレーキ解除から発進までが早くはない。燃費を気にしないならアイドルストップは止めておけばいいし。

乗り心地も良いよ。路面が継ぎはぎのところでも不快な突き上げがない。それでいて速度を上げてもしっかり路面を掴んでいる。

エンジンが後方にあるので車内は静かである。キャンバストップを全開にしても風の巻き込みがまったく気にならない。快適性も十分。

とにかく楽しい車だった。
国産コンパクト車を検討中の人は、ぜひトゥインゴに乗って欲しい。

話は変わってルーテシア。

新車の頃から路面の状況があまり良くないところで内装のビビリ音が気になっていたのだが、その原因がようやく分かった。今まではダッシュボードにあるエアコン吹き出し口が鳴っていると思ったが、そこを手で押さえても鳴り止まない。内部で鳴ってるなら対策大変だな。
昨日また鳴り始めて全然止まないので、車内をあちこち触っていたら、ルームランプのあたりを押さえると鳴り止む。離すとまた鳴く。ここが原因か。どうやらルームランプと温度センサ(?)の取り付けがよくないようである。ここをしっかり押し込んだら鳴らなくなった。
しばらく様子を見て、また鳴るならディーラーで直してもらおう。

我がルーテシアの総走行距離は昨日の時点で28,000kmになった。来週あたりオイル交換しないと。前回交換してからもう8,000km走ったからね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
トゥインゴに試乗 アリンたんの水玉パンツ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる